イスラエル政府がジジ・ハディッドをインスタグラム上で非難:「この1週間、眠っていたのか?」

ジジ・ハディッド 写真: ©PASCAL LE SEGRETAIN/GETTY IMAGES

テロ組織ハマスによるイスラエル攻撃後、パレスチナ人の大義を支援しているとして、イスラエル政府がモデルのジジ・ハディッドを批判した。 

イスラエル政府の公式インスタグラムアカウントは15日、「この1週間、眠っていたのか?家でユダヤ人の赤ちゃんが虐殺されていても平気なのか?沈黙は、あなたの立場をはっきりと示している」と血まみれの子供部屋とみられる画像付きで投稿。そして“これを非難しないなら、あなたの言葉は何の意味もなさない”と綴った。

ハディッドは戦闘をめぐる投稿で、「イスラエル政府のパレスチナ人に対する扱いにはユダヤ的なところが何もない。政府を非難することは反ユダヤ主義的ではないし、パレスチナ人を支援することはハマス支持ではない」と述べ、イスラエル政府から厳しい非難を浴びていた。 

さらに、イスラエル側はハディッドの投稿を模して「ハマスのイスラエル人虐殺に勇敢なところは何もない。ハマスの実態(ISIS)を非難することは反パレスチナ的ではないし、テロリストと戦うイスラエル人を支援することは正しい」と伝えた。

ハマスによる攻撃後各地で死者数が急増し、イスラエルは正式に戦争を宣言。パレスチナ人移民の父を持つハディッドは10日の投稿で、長文で無実の人々に対する攻撃を糾弾していた。

「無実の人々を恐怖に陥れることは、『フリー・パレスチナ』運動に反しており、何の利益にもならない。占領下にあるパレスチナ人の困難な生活に深く心を痛めています」

※今記事は要約・抄訳です。オリジナル記事はこちら

Similar Posts