2024年F1イギリスGP土曜日 ― 予選トップ3が英国人ドライバー!歴史的な1日へ

トト・ヴォルフ
スポンサーリンク

シルバーストーンでのイギリスGP予選は、ドラマと予測不可能な天候が絡み合う展開でファンを大興奮させ、予選トップ3がイギリス人ドライバーという歴史的な形で締めくくられた。ファンたちは悪天候をものともせず、お気に入りのドライバーを応援するために集まった。ジョージ・ラッセル、ルイス・ハミルトン、ランド・ノリスが厳しいコンディションの中でスキルを披露した。

ファンがドライバーを待つ様子:2024年イギリスGP

土曜日の朝、ファンたちを出迎えたのは、降り続く雨、暗雲、そして冷たい気温だった。しかし、大勢のファンがそんなことを感じさせず、現地に押し寄せた。トラック沿いやパドック入口の前に並び、レインコートと傘を持ったF1ヒーローたちを出迎え、キャップや写真へのサインを求めた。

シルバーストーンの空を暗雲が覆う一方で、セルジオ・ペレスのレッドブルでの将来にはさらに暗い雲が立ち込めているようだ。ドイツの雑誌「Auto Motor Sport」によると、ペレスは現在プレッシャーにさらされている。最近2026年までレッドブルに残る2年契約延長にサインしたにもかかわらず、成績向上の兆しを見せなければシートを失う危険があると報じた。ダニエル・リカルドが後任の最有力候補だという。

イギリスGP FP3

ジョージ・ラッセルが、雨に濡れたFP3でトップタイムを記録し、チームメイトであるルイス・ハミルトンを0.035秒差で上回った。マクラーレンのランド・ノリスが3番手で接近していた。このセッションでは、ドライバーたちは雨によりピレリのインターミディエイトタイヤを使用した。

ピエール・ガスリーが序盤にグラベルに突っ込み、マシンにダメージはなかったものの、赤旗によりセッションが中断された。ガスリーは多くのパワーユニットを交換したため、日曜日のイギリスグランプリをグリッド最後尾からスタートすることになる。赤旗前、角田裕毅が暫定最速ラップ1分47秒080を記録した。トラックコンディションが改善するにつれてタイムが向上し、最終的にラッセルが最速、続いてハミルトンとノリスとなった。角田は26周を走り、1分39秒820で14番手、ダニエル・リカルドは28周で18番手タイムだった。

スポンサーリンク

イギリスGP 予選

厳しい天候条件の中、ジョージ・ラッセルがシルバーストーンで自身3回目のポールポジションを獲得。1分25秒819の最速ラップでイギリス人ドライバーのみによるフロントローをリードした。ラッセルはチームメイトのルイス・ハミルトンを0.171秒差で僅かに上回り、マクラーレンのランド・ノリスが3番手に入り、歴史的なイギリス人ドライバーのみによる上位3台を記録した。

マックス・フェルスタッペンはQ1でフロアにダメージがあったにもかかわらず4番手、オスカー・ピアストリが5番手、ニコ・ヒュルケンベルグが6番手で続いた。カルロス・サインツ、ランス・ストロール、アレックス・アルボン、フェルナンド・アロンソがトップ10を完成させた。

british gp quali top3
2024年イギリスGP予選トップ3ドライバー

このセッションでは、トラックの変化と劇的な展開が見られ、シャルル・ルクレールは今年2回目となるQ3進出を逃し、予選を11番手で終えた。Q1では、セルジオ・ペレスがスリックタイヤで9コーナーに到達した際に単純にマシンのコントロールを失い、グラベルに突っ込んでしまった。ドライバーたちは、再び雨が降り出す前の乾いたコンディションでラップタイムを刻もうと奮闘した。

角田裕毅のコメント

「ラップ自体はそこまで悪くなかった。まぁまぁだね。最後の方でアタックしてラップタイムを刻めば、確かにドライラインは増えるけど、もちろんその分リスクが増える。アタックできる時にできてよかったよ」

「クルマのセットアップは結構変えたんだ。今回のミックスコンディションで、1番大きくやりたかったところができなかった。最終的には自分たちが今回導き出したセットアップは悪くないものだった。ドライ用だったら、もう少し上手くできたかもしれない。でもそういうのは難しいし、Q1で雨が降ったことを考えると、悪くなかったのかな。ただ単にペース不足だった」

スポンサーリンク

「高速コーナーだと4輪がグリップ不足だ。明日のレースは、天気がどうなるのかはわからないけど、雨なら雨でペースがあったから、それなりに自信はある。ミックスコンディションが予想されているから、やれることをきっちりやりたい」

「チームとしては、少しずつステップアップをしているけど、高速サーキットでのペース不足に関しては根本を変えないと、いくらセットアップを変えたとしても難しい」

角田裕毅は、ソフトタイヤで数回の好調なラップを記録し、Q2に進出した。しかし、現在のパッケージではQ3進出は難しく、最終的に予選13番手でセッションを終えた。チームメイトのダニエル・リカルドは15番手だった。

角田裕毅は、今日のシルバーストーンが悪条件のため特に難しかったことを認めた。「昨日の経験からも、ここでの走行は難しい。週末を通じて状況を好転させていきたい」と彼は述べた。

visa cash app rb yuki tsunoda
角田裕毅:2024年イギリスGP

マシンのパフォーマンスについて振り返り、角田は全体的にはパッケージが改善されているものの、シルバーストーンやオーストリアのような高速トラックには適していないと指摘した。「上位のクルマと比較すると明らかだ。効率が低いから、少なくとも今後何をすべきかはわかっている」と彼は説明した。

困難な週末にもかかわらず、角田は最近のアップデートについてポジティブだった。「僕たちはとても良く対応した。大きなアップデートを導入し、大きな期待を抱いていた。僕たちは前向きで、パッケージに素早く適応している。でも、そうだね、現在のパッケージに関しては…実際はうまく機能していない」

【関連記事】

スポンサーリンク

Similar Posts