オバマ元大統領、今年の「お気に入り映画」を発表 是枝監督『怪物』ほか

オバマ元大統領 写真: SCOTT OLSON/GETTY IMAGES

バラク・オバマ元大統領が、毎年恒例の「お気に入り映画リスト」を発表した。

「例年通り、今年のお気に入りの本と映画を発表します」と自身のSNSに投稿し、フォロワーにもコメント欄でお気に入りの作品をシェアするよう呼びかけた。

気になるベスト3は…

オバマ氏の今年のベスト映画に選ばれたのは、『ラスティン: ワシントンの「あの日」を作った男』、『終わらない週末』、『ジョン・バティステ: アメリカン・シンフォニー』の3作品。

ベスト3は、自身と妻ミシェル氏の制作会社・Higher Groundのプロデュース作品。オバマ氏は投稿で、「ひいき目だが、実際にこの3作が今年観た最高の映画」と明かした。

同時ストにも言及

また、オバマ氏は異例の脚本家・俳優同時ストにも言及した。

「両組合は、より良い労働環境を求めてストを決行した。そして結果的に、重大な変化をもたらすこととなった。これらの作品は、彼らの多大な努力を反映している」

オバマ氏の「お気に入り映画 2023」

1.『ラスティン: ワシントンの「あの日」を作った男』
2.『終わらない週末』
3.『ジョン・バティステ: アメリカン・シンフォニー』
4.『The Holdovers』
5.『ブラックベリー』
6.『オッペンハイマー』
7.『American Fiction』
8.『落下の解剖学』
9.『怪物』
10.『パスト ライブス/再会』
11.『AIR/エア』
12.『Polite Society』
13.『A Thousand and One』

【関連記事】
日本発の作品も!米『ハリウッド・リポーター』の批評家が選ぶ2023年の映画ベスト10 – THR Japan (hollywoodreporter.jp)

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら

Similar Posts