マーベル新作『サンダーボルツ』、S・ユァンの後任はルイス・プルマンが最有力か

ルイス・プルマン 写真: KEVIN WINTER/GETTY IMAGES

映画『トップガン マーヴェリック』のルイス・プルマンが、マーベルの新作『サンダーボルツ』を降板したスティーヴン・ユァンの後任の最有力候補であることが分かった。

ユァンは昨年2月、同作への出演が伝えられたが、今月2日に降板が発表されていた。

マーベルの悪役たちを主軸にした『サンダーボルツ』は脚本家・俳優同時ストの影響で、2025年7月25日に公開が延期されている。

また同作には、フローレンス・ピューセバスチャン・スタンデヴィッド・ハーバーワイアット・ラッセルらが出演する。ジェイク・シュライアーが監督を務めるが、撮影はまだ開始していない。

プルマンは、大ヒット作『トップガン マーヴェリック』に“ボブ”役で出演。その他、映画『ホテル・エルロワイヤル』、ドラマ『アウターレンジ -領域外-』、『レッスン in ケミストリー』への出演歴がある。

【関連記事】
スティーヴン・ユァン、マーベル新作『サンダーボルツ』を降板 – THR Japan (hollywoodreporter.jp)

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。翻訳/和田 萌

Similar Posts