Netflix『三体』シーズン2はいつ?SF超大作のあらすじやキャストを紹介

Netflix『三体』
Netflix『三体』写真: ED MILLER/NETFLIX

3月21日から配信されたNetflixドラマ『三体』は全世界ランキング初登場2位を獲得。

シーズン1を鑑賞した人からは、早く続きが観たい!と続編を待ちわびる声が高まっています。

大きな話題になっているのでこれから観ようか悩んでいる人も多いはず。

シーズン2は制作されるのか?を始め、Netflixドラマ『三体』のあらすじやキャストなど基本的な情報をまとめていきます。

Netflixドラマ『三体』とは?

Netflix『三体』 写真:ED MILLER/NETFLIX

Netflixドラマ『三体』は世界的ベストセラーになった劉慈欣の同名小説を、『ゲーム・オブ・スローンズ』のクリエイター陣がドラマ化したSF超大作です。

小説は3部作からなる長編シリーズ。原作者の劉慈欣は、中国で発電所のエンジニアとして働きながら小説を執筆していました。

2008年に単行本が発売されると瞬く間に大ヒットし、2015年には「SF界のノーベル賞」といわれるヒューゴー賞をアジア圏作品として初受賞。

現在では20ヵ国以上で翻訳され、全世界で2900万部を売り上げています。

オバマ元大統領やFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグも愛読していたことから世界でさらに人気に火が着きました。

Netflixドラマ『三体』のあらすじ

2024年のイギリスで有能な科学者たちが次々に怪死する事件が発生。

一方、1960年代の中国では文化大革命で父親を殺害された科学者の葉文潔が、ある重大な決断を下します。

その決断が時空を越えて現代に大きな影響を及ぼしていました。

人類の危機に直面していることを知った現代の天才科学者たちは、得体の知れない脅威へと立ち向かっていきます。

気になるシーズン2はいつ?

オギー役のエイザ・ゴンザレス、Netflix『三体』 写真:NETFLIX

シーズン1の全8話が配信されたばかりの『三体』。

早くも「シーズン2はいつなの?」という声が多くあがっていますが、実はまだシーズン2の制作は未定。

『三体』の製作総指揮を務めたデヴィッド・ベニオフは米『ハリウッド・リポーター』に対し、「劉慈欣の原作は、2作目は1作目よりずっと良いし、3作目には心を完全に揺さぶられました。物語が進むにつれてどんどん野心的になり、2作目では大きな飛躍を遂げます。だから、シーズン2が叶えば素晴らしいですよね」と語ります。

Netflixのベラ・バジャリアCCOは同社のシーズン更新について、「予算と視聴者の規模は、更新を決定する際の1つの要素です」と言及。

『三体』の視聴者数や評価の高さが、シーズン2更新のカギを握っていそうです。

ベニオフは「シーズン4まで制作したい」と構想を明かしているだけに、ぜひ実現してほしいですね。

Netflixドラマ『三体』は原作のキャラクターを変更

Netflix『三体』 写真:COURTESY OF NETFLIX

原作の舞台は中国ですが、Netflix版は2024年のイギリスに変更。

そして登場キャラクターも、中国人から多様な人種がいるオックスフォード大学出身の5人組へと再構築しています。

5人組のキャストには『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のエイザ・ゴンザレス、『ゲーム・オブ・スローンズ』のジョン・ブラッドリーらが登場。

『ゲーム・オブ・スローンズ』からは、さらにリーアム・カニンガム、ジョナサン・プライスらがキャスティングされています。

ドクター・ストレンジ』シリーズで魔術師ウォンを演じたベネディクト・ウォンは、科学者たちの怪死事件を追う刑事役で出演。

Netflixドラマ版ならではの国際色豊かなキャスト陣も見どころです。

三体』シーズン1の全8話は、小説3部作シリーズではまだまだストーリーの序盤。

壮大なラストへ向けて続きが気になるところ。

続編は未定ですが、製作陣はシーズン4まで視野にいれています。

シーズン1の視聴者数も好調なので、嬉しいニュースが聞けることを願います。

【関連記事】
Netflix『三体』続編の可能性は?シーズン1の評価は賛否両論 – THR Japan (hollywoodreporter.jp)

Similar Posts