グレイズ・アナトミーがABCで21シーズンの製作が決定!

Grey's Anatomy Renewed for Season 21 at ABC

グレイ・スロ―ン病院のドクターたちが再び活躍の場に戻ってくる。

ABCは、ディズニー傘下の放送網で医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」を21シーズン目で更新することを発表した。ストライキの影響を受けた20シーズンが最近放送に復帰した中、しばらく検討されていたこの更新が決まった。

今回の更新により、ションダ・ライムズ製作の同ドラマは、第19シーズン終了時にクリスタ・ヴァーノフから監督を引き継いだメグ・マリニスのもと、2度目のシーズンを迎えることになる。

マリニスは第3シーズンから「グレイズ・アナトミー」に携わり、作家付き補助からキャリアをスタートさせて着実に昇進を重ねてきた。ライターアシスタントや医療リサーチャーを経て、最終的に過去4シーズンでは製作総指揮を務めていた。

ライムズは「グレイズ・アナトミーのファンの皆さまの熱心な支持と愛情によって、歴史的な21シーズン目を迎えられるようになり、とても感謝しています」とハリウッド・レポーターの発表で述べた。「メグ・マリニスの物語作りは番組に活力と魅力と命を与え続ける贈り物です。次シーズンでどんな展開が待っているのか、今から楽しみにしています」

キャストの詳細は明らかにされていないが、「グレイズ・アナトミー」では物語の一環として出演者の入れ替わりが恒例となっている。

主演のエレン・ポンピオ自身は、Huluで製作中の限定シリーズと掛け持ちになるが、今シーズンの短縮版10話に最低4話は出演する予定だ。

「グレイズ・アナトミー」は2019年に「ER」を抜いて、テレビ史上最長のプライムタイム・メディカルドラマとなった。ABCの歴史に残る最長のプライムタイムシリーズでもある。最近ではNetflixに加えてHuluでも過去の放送分が配信を開始し、新規視聴者層の開拓が期待されている。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

Similar Posts