メーガン・ジー・スタリオン、トーリー・レインズの銃撃事件を振り返る:「人々は私を人間として扱ってくれなかった」

Megan Thee Stallion Reflects on Dark Times After Tory Lanez Shooting
メーガン・ジー・スタリオン

レインズは2022年にメーガンを撃った罪で有罪判決を受けた。

メーガン・ジー・スタリオンは、2020年にトーリー・レインズに撃たれた後、「暗黒の時代」を乗り越えたと語り、今週、暴行からの回復について新たな洞察を示した。

「黒人女性であり、さらに濃い肌の黒人女性であるが故に、私はパンチを食らい、殴られ、むちで打たれても、それに優雅に耐え忍ぶことを期待されていると感じます」とスタリオンは『Women’s Health』に語った。「でも、私は人間なのです」

メーガンに起きたつらい過去とは…

2022年12月、レインズはメーガンに銃を乱射した事件で、準強姦罪を含む3つの重罪に有罪となった。その際、ヒップホップスターであるメーガンの足に銃弾の破片が残る銃器での暴行があった。裁判中、メーガンはファンや他のアーティストから、自分の言い分の信憑性を疑問視される反発に遭った

「長い間、多くの人々は私を人間として扱ってくれませんでした」とメーガンは中傷を振り返った。「みんなは、私が楽しくて幸せなパーティー女子であることに慣れていたと感じています。人々が私を持ち上げ、引き下ろし、私に対する期待に戸惑う様子を目にしてきました」

この反発により、歌手は重度のうつ病に陥り、音楽に戻るのに苦労した。

「ステージに上がる前は、半分の時間は泣いていました。パフォーマンスをしたくなかったからです。でも、ファンを失望させたくもなかったのです」とメーガンは言った。「布団から出たくなかった。部屋から出なかった。電気をつけなかった。遮光カーテンを付けていました。太陽を見たくなかった。自分らしくないことは分かっていました。自分がうつ病であることを認めるのに時間がかかりました。でも、セラピストと話し始めてから、自分自身に正直になれるようになったのです」

メーガンの今後の活動

メーガンは間もなく(まだ名前のない)3枚目のアルバムをリリースし、今年の後半には「Hot Girl Summer」ツアーに出発する予定だ。1月には、『Good Morning America』で「2019年以来、夏の間に外に出て自分のことをする機会がなかったので、今回が夏にアルバムを発売するのは初めてのことになります。ホッティーズ(ファンの愛称)にメーガン・ジー・スタリオンの経験を提供したいと思っています」と語った。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

Similar Posts