マルコ・ミュラー、タオルミーナ映画祭の芸術監督に就任

Marco Müller New Artistic Director at Taormina Film Fest
マルコ・ミュラー

映画祭の経験豊富なこのベテラン責任者は、過去にベネチア、ロッテルダム、ロカルノ、ローマ、マカオの映画祭を主催してきた。今年はシチリア映画祭の70周年記念大会の責任者を務めることになる。

映画祭の世界では、ベテランのマルコ・ミュラーが、今年で70回目を迎えるイタリアのタオルミーナ映画祭の新しい芸術監督に任命された。ベネチア、ロッテルダム、ロカルノなどの著名な映画祭を率いた経験を持つミュラーは、歴史あるシチリアの映画祭の成功に貢献することが期待されている。

世界で最も古い映画祭の一つであるタオルミーナ映画祭は、シチリア島のエトナ山を望む絶景のロケーションを誇る。しかし、その歴史は不安定さに特徴づけられ、指導者の頻繁な交代と財政的な課題に直面してきた。ミュラーの就任は、映画祭の安定と繁栄をもたらすことを目指している。

2024年7月12日から19日に開催予定のタオルミーナのプラチナ版は、特に2004年から2011年までベネチア国際映画祭の成功を導いたミュラーの専門知識を活用しようとしている。シチリアにルーツを持つミュラーは、古代劇場の魅力を強調しながら、映画祭の復活に貢献する機会に熱意を示した。

映画祭の運営に加えて、ミュラーは映画の教授、学者、そしてダニス・タノビッチの「ノーマンズ・ランド」やアレクサンドル・ソクーロフの「太陽」などの著名な作品のプロデューサーとしても知られている。彼の就任は、楽観主義と野心に満ちた、タオルミーナ映画祭の新たな章を告げるものである。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

Similar Posts