ワーナー・ブラザース・ディスカバリーのCEOデビッド・ザスラフ、2023年の給与は4970万ドルに増加

Warner Bros. Discovery CEO David Zaslav’s 2023 Pay Package
ワーナー・ブラザース・ディスカバリー(WBD)のCEOデビッド・ザスラフ

同社は、トップ経営陣の最新の年間報酬の詳細を公開した。

ワーナー・ブラザース・ディスカバリー(WBD)のCEOデビッド・ザスラフは、2023年の給与の価値が4970万ドルに上昇したことが明らかになった。2022年にディスカバリーとワーナーメディアの合併が完了した時点では3930万ドルだった。

この大手エンターテインメント企業は、規制当局への提出書類で、トップ経営陣の最新の報酬詳細を公開した。

ザスラフの2023年の報酬は、300万ドルの基本給、2300万ドル以上の株式報酬、2200万ドルの非株式インセンティブ報酬、セキュリティコストなどを含む160万ドルのその他の報酬で構成されていた。報酬の増加は、一部には、WBDが経営陣の報酬プランを株価ではなくキャッシュフローに重点を置くように変更したことによるものだった。2023年のWBDのフリーキャッシュフローは、ハリウッドのストライキにより制作が数ヶ月にわたって中断されたこともあり、上昇した。

2021年には、当時のディスカバリーCEOだったザスラフは、2億4660万ドルの報酬パッケージを受け取っていた。これは、2020年の3770万ドル、2019年の4580万ドルから大幅に増加したものだった。これは、2021年5月の雇用契約により、ザスラフを2027年末まで同社に留まらせることになったためだ。

ワーナー・ブラザース・ディスカバリーの株価は2023年に20%上昇したが、財務状況は混乱していた。2023年の年間収益は4%減の413億ドル、調整後のEBITDA(利払い・税金・減価償却費・償却費控除前利益)は11%増の102億ドルだった。外部からの資金調達なしに事業を運営する能力を示し、WBD経営陣が重視するもう一つの収益性指標であるフリーキャッシュフローは、86%増の62億ドルに急増した。

また、この提出書類では、他のWBDトップ経営陣の報酬も明らかにされており、CFOのガンナー・ワイデンフェルスが1700万ドル以上、最高収益・戦略責任者のブルース・キャンベルが1830万ドル、ストリーミング・ゲーム部門責任者のJBペレットが2010万ドル、国際部門責任者のゲルハルト・ザイラーが1330万ドルと、いずれも前年から大幅に増加した。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

Similar Posts