ジェニファー・ロペス、最新の「アトラス」予告編でシム・リウのAI悪役と戦う

Jennifer Lopez Battles Simu Liu AI Villain
「アトラス」でのジェニファー・ロペス

ジェニファー・ロペスは、Netflixの近未来SF映画「アトラス」の最新予告編で、シム・リウが演じる人工知能の悪役ハーランと戦う。

「アトラス」予告編

「アトラス」の最初の予告編では、ロペス演じるデータ駆動型の対テロアナリスト、アトラス・シェパードが、災害が起きた時に人工知能に対する深い不信感を最初に見せていた。しかし、新しい予告編では、リウがAIキャラクターのハーランとして登場し、アトラスが長い間追跡してきた相手で、当初は人類の進歩のために設計されたが、今では人類を滅ぼしてしまったことが示されている。

そこで、AIから人類の未来を救うために、アトラスは最新の予告編で、AIを信頼することを学ぶ。ディストピアでありながら力強い大惨事が予告編を支配する中、ロペスは遠く離れた惑星にロケットで飛び立ち、暴走ロボットを捕まえるために、スミスという名前のコンピュータプログラムと手を組み、時にはバディコメディのような展開を見せる。

「あなたの助けは必要ないわ。私はどんなAIも信用しない」と、アトラスは予告編のある場面で疲れ切った様子で言う。しかし、すぐに彼女の計画が大きく狂い始め、スミスの助けを求めている。「アトラス、あなたが私を信用しなければ、これは上手くいかないわ」とAIプログラムのスミスは、アトラスの協力を取り付け、二人でハーランに立ち向かう中で語る。

スターリング・K・ブラウン、グレゴリー・ジェームズ・コーハン、エイブラハム・ポプーラ、ラナ・パリラ、マーク・ストロングも、ブラッド・ペイトン監督のSF映画に出演しており、5月24日に公開される。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

Similar Posts