ホージアがシネイド・オコナー以来アイルランド人アーティストとして初めて全米チャートで1位を獲得、「Too Sweet」について感慨

Hozier on Being First Irish Act Since Sinéad O’Connor to Top US Charts
ホージア

ホージアは、自身の曲「Too Sweet」がビルボードホット100チャートで1位を獲得した後、ファンに感謝を伝えた。彼にとって初の1位獲得だ。

また、このシンガーソングライターは、シネイド・オコナー(2023年7月に56歳で死去)の「Nothing Compares 2 U」以来、このチャートで1位を獲得したアイルランド人アーティストであり、全体で4人目でもある。

「世界中のすべてのサポーター、すべてのファンに心から感謝を伝えたい」と、ホージアーは月曜日にX(旧Twitter)に投稿された動画で語った。「これは本当に驚異的なことだ。私自身、これにはとても驚いており、あなた方のサポートに感謝したい。『Too Sweet』を楽しんでいただけて本当にうれしく、私にとって世界がすべてです」。

以前、オコナーの曲は1990年に4週間1位を獲得し、ロックバンドU2は1987年に「I Still Haven’t Found What I’m Looking For」と「With or Without You」で2回この偉業を達成し、ギルバート・オサリバンは1972年に「Alone Again (Naturally).」で1位に達した。

ホージアは投稿のキャプションで、「世界中から信じられないようなサポートをしてくださったことに感謝します。『#TooSweet』は米国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダで1位、英国とアイルランドでは2週連続1位を獲得しました。この曲をこんなに楽しんでいただけて本当にうれしいです。皆さん、ありがとうございます」と付け加えた。

ホージアの「Too Sweet」は、ここ数週間、特にTikTokでソーシャルメディアで話題になっており、2023年3月にリリースされたEP『アンハード』に収録されている。これは、2023年のアルバム『アンリアル・アンアース』の拡張版だ。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

【関連記事】

Similar Posts