YouTube、テレビストリーミングの配信大戦で勝ち残るための秘密兵器として、人気クリエイターたちを活用

YouTube Secret Weapon: Its Top Creators
youtuber のレット・マクラフリンとリンク・ニール

YouTubeニールセン視聴率ランキングでトップに立ってから1年、一部の人気クリエイターがテレビでNetflixを上回る大きな存在になった。

人気ユーチューバーであるミシェル・カーレによる入念な制作を経た「Challenge Accepted」は従来のTV番組と遜色ない品質を誇り、この傾向を体現している。毎回の動画で、クリエイターたちは異なるコミュニティに向けて発信し、深い視聴者との結びつきを育んでいる。

ミシェル・カーレの「Challenge Accepted」の回で、「脱出マジックに挑戦してみた」

アメリカ国内だけで月間1億5000万人もの視聴者がテレビ経由でYouTubeを視聴していることからも、アクション、キッズ番組、トーク番組などさまざまなジャンルにおけるクリエイターの影響力の大きさが伺える。

カーレ、レット・マクラフリン、リンク・ニールらは、自身のコンテンツが独立系テレビに匹敵すると主張し、エミー賞などの権威あるアワードで評価されるべきだと訴えている。

YouTubeの年次イベント「ブランドキャスト」では常にクリエイターの影響力が取り上げられ、プラットフォームは彼らの才能を十分に活用し、デジタルエンターテインメントの未来を切り拓いている。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら

Similar Posts