映画製作者がカンヌの労働者のストライキ行動を支持

Filmmakers Back Cannes Workers in Strike Action Ahead of Festival
昨年のカンヌ国際映画祭で、『落下の解剖学』のジュスティーヌ・トリエ監督(中央)とスワン・アルロー監督(右)は、映画祭労働者を支援するために「Sous les écrans」のバッジを着用した。

フェスティバル従業員を代表する団体は、失業手当を剥奪する可能性のある新しい労働法に抗議するためにストライキ行動を呼びかけた。

約300人の映画専門家が、カンヌやその他のフェスティバルでフリーランスの労働者に悪影響を及ぼす可能性のあるフランスの労働法の変更に抗議するストライキ行動を支持した。「Sous les écrans la dèche」(スクリーンの裏で破産)と呼ばれるフェスティバル労働者を代表する団体は、ルイ・ギャレルやニール・マーシャルなどの業界関係者から支持を集めている。彼らは、改革によって福利厚生が剥奪されることを恐れ、フリーランスの従業員に適切な保護を求めている。

カンヌ国際映画祭は、労働者の困難を認識し、集団的な解決策を見出すために対話に従事する意欲を表明することで、対応した。フェスティバル業界は、短期のフリーランス労働者に大きく依存しており、その多くが失業手当を受けられずに不安定な状況に直面している。請願書は、世界中の映画祭の活力に不可欠なこれらの労働者の適切な処遇を確保するために、カンヌが影響力を行使することを求めるものである。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

【関連記事】

カンヌ映画祭の労働者グループがストライキを呼びかけ- THR Japan (hollywoodreporter.jp)

Similar Posts