MTVムービー&TVアワード、2024年は休止し、来年新しい形式で復活予定

MTV Movie & TV Awards on Pause for 2024, Will Return in 2025

2023年5月に開催された同祭典は、全米脚本家組合のストライキ中にも関わらず、事前録画のセグメントを交えて放送された。

ハリウッド・リポーターの確認によると、MTVムービー&TVアワードは2024年は休止することが明らかになった。

情報筋によると、同祭典は来年「再構築された」形式で復活するという。

前回の放送は2023年5月、全米脚本家組合のストライキ中に行われた。司会を予定していたドリュー・バリモアは、脚本家との連帯を示すために降板した。

番組は事前録画のセグメントや受賞スピーチ、今後公開予定の映画やテレビ番組、過去のMTVムービー&TVアワードの映像などを交えて放送された。さらに、ナレーションによって番組、受賞部門、ノミネート作品、受賞作品が発表されたが、最初は「2023年MTVムービー&TVアワード特別番組」と呼ばれていた。

バリモアが降板した際、2024年の司会を引き受ける旨が発表されていた。2025年の司会を彼女が務めるかどうかは現時点では不明である。

バリモアは当時、声明で次のように述べていた。「私は脚本家の声に耳を傾け、彼らを真に尊重するために、ストライキに連帯してMTVムービー&TVアワードの司会を降板することにしました。映画やテレビで私たちが称賛し、表彰するすべてのものは、彼らの創造から生まれています。解決策が見出されるまで、私は待つことを選びますが、自宅から番組を見守り、皆さんにも一緒に見守っていただければと思います。私が今まで仕事をしてきた中で最高のパートナーの一つであるMTVに感謝します。そして、来年、ファンが受賞作品を選び、真にインクルーシブな番組を作り上げてきたMTVの功績をしっかりと称えられることを楽しみにしています。」

昨年の主な受賞作品は、映画部門では『スクリーム6』、テレビ部門では『ラスト・オブ・アス』だった。

※本記事は英語の記事から抄訳・要約しました。

【関連記事】

Similar Posts