ケビン・コスナーの『ホライズン』がカンヌでデビュー、ハリウッドのウエスタン映画を再び偉大なものにできるか?

Can Kevin Costner's Horizon, Debuting at Cannes, Help Western Movies?
ホライズン 写真WARNER BROS.

俳優兼監督を務めるケビン・コスナーの『ダンス・ウィズ・ウルブズ』は、国際的な観客を本当に魅了した最後の旧式のウエスタン映画だった。

5月19日のカンヌ国際映画祭での『ホライズン:アメリカン・サーガ 第1部』の世界初演は、ウエスタン映画のジャンルの世界的な魅力を試すことになるだろう。

ワーナー・ブラザースはこのプロジェクトに多大な投資をしており、第1部は6月28日に北米で公開され、「第2部」は8月16日に続く予定だ。マーケティングチームは、『イエローストーン』で主演を演じたことで知られるケビン・コスナーの関与が観客を引き付けると確信している。

国際的なバイヤーも楽観的で、ストライキのために今夏のスタジオ作品のリリース数が減少していることもあり、カンヌ映画祭の初演前に両作品が世界中で売り切れになることが期待されている。

歴史的に、ウエスタン映画の国際的な興行成績は混合的で、コスナーの『ダンス・ウィズ・ウルブズ』やタランティーノの『ジャンゴ 繋がれざる者』などの注目すべき例外はあった。『ローン・レンジャー』や『カウボーイ&エイリアン』などのハイブリッド・ウエスタンは、ジャンルをブレンドすることで国際的にはより良い成績を収めている。

『ホライズン』の世界販売を手がけるK5インターナショナルのダニエル・バウアは、この映画を伝統的なウエスタンではなく、ケビン・コスナーの大作として売り込むことを強調している。Netflixでの『イエローストーン』の国際市場での成功も、関心を高める可能性がある。

バウアは、この戦略をNetflixでのスタジオジブリ作品のリリースになぞらえ、それが『君たちはどう生きるか』の世界的な成功への道を開いたと指摘する。彼は、コスナーの評判が『ホライズン』をウエスタン・ジャンルのユニークな作品として際立たせると考えている。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

【関連記事】

ケビン・コスナーの西部劇『ホライズン』、カンヌでデビュー- THR Japan (hollywoodreporter.jp)

Similar Posts