『ブルー きみは大丈夫』4000万ドルのオープニング興収で多くの友人を作ることを期待

John Krasinski-Ryan Reynolds Movie Eyes $40M Opening
ライアン・レイノルズとカイリー・フレミング 写真:PARAMOUNT PICTURES

『ブルー きみは大丈夫』(原題: IF: Imaginary Friends)はジョン・クラシンスキーが友人ライアン・レイノルズを監督し、オールスターの声優陣を起用したこのオリジナルの実写/CGIアニメーション家族向け映画だ。エイミー・ワインハウスの特別伝記映画『Back to Black(原題)』も公開。

ジョン・クラシンスキー監督の『ブルー きみは大丈夫』が公開され、ライアン・レイノルズと豪華声優陣が出演することで、夏の興行収入が盛り上がりを見せている。国内での初週末興行収入は4000万ドルと予測されており、この作品は捨てられた想像上の友人の世界を探求し、あらゆる年齢層の観客を捉えることを目指している。レビューは賛否両論だが、観客からの高い評価と家族向けコンテンツへの需要の高まりが、この作品の成功を後押しし、最近の興行収入首位である『猿の惑星/キングダム』を打ち負かす可能性がある。

『Strangers: Chapter One』より 提供:JOHN ARMOUR/LIONSGATE

『ブルー きみは大丈夫』に加えて、ライオンズゲートのホラー作品『Strangers: Chapter One(原題)』とフォーカス・フィーチャーズのエイミー・ワインハウス伝記映画『Back to Black』も全米の劇場で公開される。『Strangers』はホラー疲れの水面下を700万ドルから900万ドルのオープニング興収で試すが、『Back to Black』はより厳しい道のりに直面しており、400万ドルから600万ドルという控えめな期待を持つ特殊な作品と見なされている。

エイミー・ワインハウス役を演じるマリサ・アベラ。提供:FOCUS FEATURES

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

【関連記事】

ライアン・レイノルズ×ジョン・クラシンスキーの新作ファンタジーコメディ、2024年に日本公開へ- THR Japan (hollywoodreporter.jp)

Similar Posts