アンドレア・アーノルド監督の『Bird』、カンヌ映画祭で7分間のスタンディング・オベーション

Andrea Arnold's 'Bird' Starring Barry Keoghan Debuts at Cannes Film Festival
カンヌ映画祭での『Bird』プレミア公開時の出演者ら(左から) フランキー・ボックス、ナイキヤ・アダムス、ジャスミン・ジョブソン、監督アンドレア・アーノルド、フランツ・ロゴウスキー、ゲスト、カルロス・オコネル、バリー・キューハン

アンドレア・アーノルド監督の最新作『Bird』がカンヌ映画祭で初公開され、7分間のスタンディング・オベーションを受けた。

『Bird』は、ノース・ケントの厳しい家庭環境を離れて冒険を求める12歳の少女の物語を描く。

カルロス・ドールの受賞スピーチで、アーノルド監督は『Bird』の制作時に直面した困難について振り返り、これまでのキャリアの中で最も厳しい撮影だったと語った。

困難にもかかわらず、仲間からの支援と励ましに感謝を表明し、それが映画を完成させようという決意を新たにしたと述べた。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら

【関連記事】

Similar Posts