『怪盗グルーのミニオン超変身』米公開初週末に1億2000万ドルの見込み

『怪盗グルーのミニオン超変身』 写真:ILLUMINATION & UNIVERSAL PICTURES
スポンサーリンク

イルミネーションとユニバーサルの大作『怪盗グルーのミニオン超変身』が、アメリカの長期休暇週末に先駆けて7月3日の水曜日に公開された。

今作は『怪盗グルー』メインシリーズ4作目(スピンオフも含めれば6作目)。初日の興行収入は2700万ドルで、5日間の休暇期間中の国内興行収入は1億2000万ドル、3日間の週末では7000万ドル以上と好調なスタートが予測されている。

『怪盗グルーのミニオン超変身』は観客から高評価を得ており、ピクサーとディズニーのヒット作『インサイド・ヘッド2』から興行首位の座を奪う可能性もある。

『インサイド・ヘッド2』も好調を維持し、5日間の休暇期間中に4600万ドル以上の興行となる見込みだ。金曜日には北米で5億ドルを突破し、インフレ調整なしで5億ドルを超えるアニメ映画としては3作目となる。

両作品とも、パンデミックで打撃を受けたアニメ・ファミリー市場の回復を示している。

スポンサーリンク

『怪盗グルーのミニオン超変身』では、グルーとその一家が新たな敵(声:ウィル・フェレル)と対決し、逃亡を余儀なくされる。

他の新作では、『クワイエット・プレイス:DAY 1』が5日間で3100万ドル、『バッドボーイズ RIDE OR DIE』が北米で1億7500万ドルを超える見込みだ。

一方、ケビン・コスナーの『Horizon: An American Saga – Chapter 1(原題)』は観客を集めるのに苦戦している。

『怪盗グルーのミニオン超変身』の日本公開日は、2024年7月19日に劇場公開予定となっている。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら

スポンサーリンク

【関連記事】

スポンサーリンク

Similar Posts