YouTube CEO: クリエイターがエミー賞に認められる時が来た

YouTube CEO: Emmys Should Embrace Creators
RODIN ECKENROTH/GETTY IMAGES

YouTubeのCEOであるニール・モーハン氏は、クリエイターがエミー賞で認められるべきだと主張している。

YouTube CEOのニール・モーハン氏の考え

彼は、創作者たちがシンプルなブログを超えて進化し、制作チーム、ビジネス戦略、そして境界を打ち破る革新的で枠を超えた番組制作を誇っていると強調する。

彼は、創作者を含むようにエミー賞のカテゴリーを拡大することは、賞の威信を損なうことはなく、むしろ現在のテレビの状況を反映することで、その価値を高めるだろうと提案している。

YouTubeのようなプラットフォームでコンテンツを消費する方向へ大きくシフトしていることを強調し、モーハンは多くのトップクリエイターが今や視聴時間の大半をテレビ画面から得ていると指摘した。

彼は「Hot Ones」や「Good Mythical Morning」のような例を挙げ、これらが巨大な視聴者を集め、従来のジャンルの境界を押し広げていると述べた。彼はまた、洗練された分析とAIツールを活用して自らのコンテンツを向上させる、視聴者のフィードバックに対応するクリエイターの機敏さも強調している。

モーハンは、テレビの未来の一部としてクリエイターを受け入れるようテレビアカデミーに促すことで締めくくった。彼らの貢献を認めないことは、エミー賞が、変化する視聴者の好みから乖離するリスクがあると主張している。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら

Similar Posts