第96回アカデミー賞ノミネート発表!『オッペンハイマー』が最多13部門で候補入り

THR ILLUSTRATION

23日、第96回アカデミー賞全23部門のノミネートが発表された。

クリストファー・ノーラン監督『オッペンハイマー』が最多13部門で候補入りし、次いで『哀れなるものたち』が11部門、『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』が10部門、『バービー』が8部門にノミネートされた。

また作品賞には、前述の4作品のほか、『American Fiction』、『落下の解剖学』、『The Holdovers』、『マエストロ: その音楽と愛と』、『パスト ライブス/再会』、そして『関心領域』が選出された。

「第96回アカデミー賞授賞式」は現地時間3月10日(日)、米ドルビー・シアターで開催。司会は、ジミー・キンメルが務める。

ノミネートは以下の通り

作品賞

『American Fiction』
『落下の解剖学』
『バービー』
『The Holdovers』
『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』
『マエストロ: その音楽と愛と』
『オッペンハイマー』
『パスト ライブス/再会』
『哀れなるものたち』
『関心領域』

監督賞

ジョナサン・グレイザー『関心領域』
ヨルゴス・ランティモス『哀れなるものたち』
クリストファー・ノーラン『オッペンハイマー』
マーティン・スコセッシ『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』
ジュスティーヌ・トリエ『落下の解剖学』

主演男優賞

ブラッドリー・クーパー『マエストロ: その音楽と愛と』
コールマン・ドミンゴ『ラスティン: ワシントンの「あの日」を作った男』
ポール・ジアマッティ『The Holdovers』
キリアン・マーフィ『オッペンハイマー』
ジェフリー・ライト『American Fiction』

主演女優賞

アネット・ベニング『ナイアド ~その決意は海を越える~』
リリー・グラッドストーン『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』
ザンドラ・ヒュラー『落下の解剖学』
キャリー・マリガン『マエストロ: その音楽と愛と』
エマ・ストーン『哀れなるものたち』

助演男優賞

スターリング・K・ブラウン『American Fiction』
ロバート・デ・ニーロ『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』
ロバート・ダウニー・Jr.『オッペンハイマー』
ライアン・ゴズリング『バービー』
マーク・ラファロ『哀れなるものたち』

助演女優賞

エミリー・ブラント『オッペンハイマー』
ダニエル・ブルックス『カラーパープル』
アメリカ・フェレーラ『バービー』
ジョディ・フォスター『ナイアド ~その決意は海を越える~』
ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ『The Holdovers』

脚本賞

『落下の解剖学』(アルチュール・アラリ&ジュスティーヌ・トリエ)
『The Holdovers』 (デヴィッド・ヘミングソン)
『マエストロ: その音楽と愛と』(ブラッドリー・クーパー&ジョシュ・シンガー)
『May December』(サミー・バーチ&アレックス・メヒャニク)
『パスト ライブス/再会』(セリーヌ・ソン)

脚色賞

『American Fiction』 (コード・ジェファーソン)
『バービー』(ノア・バームバック&グレタ・ガーウィグ)
『オッペンハイマー』 (クリストファー・ノーラン)
『哀れなるものたち』 (トニー・マクナマラ)
『関心領域』(ジョナサン・グレイザー)

国際長編映画賞

『Io Capitano』 (イタリア)
『PERFECT DAYS』 (日本)
『雪山の絆』(スペイン)
『The Teacher’s Lounge』 (ドイツ)
『関心領域』 (イギリス)

長編アニメ賞

『君たちはどう生きるか』
『マイ・エレメント』
『ニモーナ』
『ロボット・ドリームズ』
『スパイダーマン: アクロス・ザ・スパイダーバース』

短編アニメ賞

『Letter to a Pig』
『Ninety-Five Senses』
『Our Uniform』
『Pachyderme』
『War Is Over! Inspired by the Music of John & Yoko』

衣装デザイン賞

ジャクリーヌ・デュラン『バービー』
ジャクリーン・ウェスト『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』
デヴィッド・クロスマン、ジャンティ・イェーツ『ナポレオン』
エレン・マイロニック『オッペンハイマー』
ホリー・ワディントン『哀れなるものたち』

メイクアップ&ヘアスタイリング賞

『Golda』
『マエストロ: その音楽と愛と』
『オッペンハイマー』
『哀れなるものたち』
『雪山の絆』

短編映画賞

『彼方に』
『Invincible』
『Knight of Fortune』
『Red, White and Blue』
『ヘンリー・シュガーのワンダフルな物語』

歌曲賞

“The Fire Inside”『フレーミングホット! チートス物語』
“I’m Just Ken”『バービー』
“It Never Went Away”『ジョン・バティステ アメリカン・シンフォニー』
“Wahzhazhe (A Song For My People)”『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』
“What Was I Made For?”『バービー』

作曲賞

『American Fiction』 (ローラ・カープマン)
『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』(ジョン・ウィリアムス)
『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』(ロビー・ロバートソン)
『オッペンハイマー』(ルドウィグ・ゴランソン)
『哀れなるものたち』(ジャースキン・フェンドリックス)

長編ドキュメンタリー賞

『Bobi Wine: The People’s President』
『The Eternal Memory』
『Four Daughters』
『To Kill a Tiger』
『マリウポリの20日間』

短編ドキュメンタリー賞

『The ABCs of Book Banning』
『The Barber of Little Rock』
『Island in Between』
『The Last Repair Shop』
『Nǎi Nai & Wài Pó』

美術賞

『バービー』
『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』
『ナポレオン』
『オッペンハイマー』
『哀れなるものたち』

編集賞

『落下の解剖学』
『The Holdovers』
『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』
『オッペンハイマー』
『哀れなるものたち』

音響賞

『ザ・クリエイター/創造者』
『マエストロ: その音楽と愛と』
『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング』
『オッペンハイマー』
『関心領域』

視覚効果賞

『ザ・クリエイター/創造者』
『ゴジラ-1.0』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: VOLUME 3』
『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング』
『ナポレオン』

撮影賞

エドワード・ラックマン『伯爵』
ロドリゴ・プリエト『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』
マシュー・リバティーク『マエストロ: その音楽と愛と』
ホイテ・ヴァン・ホイテマ『オッペンハイマー』
ロビー・ライアン『哀れなるものたち』

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。翻訳/和田 萌

Similar Posts