日本映画新レーベル『New Counter Films』設立、第1弾は二ノ宮隆太郎監督『若武者』

New Counter Film 設立発表会の様子
鈴木徳至(左)、二ノ宮隆太郎(中央)、関友彦氏(右)

『箱男』、『almost people』などを手掛ける映画会社コギトワークスが、日本映画新レーベル『New Counter Films』(ニューカウンターフィルムズ、NCF)を設立したことを4日、都内で発表した。

コギトワークス代表の関智彦氏とプロデューサーの鈴木徳至氏が同名の合同会社を立ち上げた。

「誰もが見たい映画ではなく、誰かが見たい映画をつくる」をコンセプトにエンタテイメント性を追求しながら、作家性を重視した映画を製作。

国内のミニシアターと海外17都市のアートハウス劇場に配給し、動画配信サービス「U-NEXT」で同時配信を行うプロジェクトだ。

NFC設立背景を話す鈴木徳至と関友彦
NFC設立の背景を話す鈴木徳至(左)関友彦(右)

メジャー系とインディペンデント系の格差が開く一方の日本映画界。

関氏は、「商業なので多くの人に映画を見てもらいたいのはもちろんだが、第一義が売るためだけにならない選択肢をつくりたかった」と語る。

続けて、「プロデューサーワークとして監督の才能を最大限に引き出し、作ったものを直接届けることはできないかと思った」と設立意図を説明した。

鈴木氏も、「自分たちが見たいものにこだわって、業界の未来、状況の改善につながればいい」と期待した。

1作品につき総事業費2500万円で、コギトワークスとU-NEXTが50%ずつ出資して制作。

リクープした後に出た利益に関しては、スタッフや出演者に還元する初の試みとなる。

関氏は、「過去のアート系作品をシミュレーションして、1万3000人入ればリクープできると試算した。反応も直接聞けるので、その上で次の企画につなげていきたい」と構想を語った。

『若武者』監督、二ノ宮隆太郎とポスター
『若武者』監督、二ノ宮隆太郎と作品ポスター

第1弾作品は、『逃げきれた夢』が昨年のカンヌ映画祭ACID部門に出品された二ノ宮隆太郎監督の『若武者』。

坂東龍汰、髙橋里恩、清水尚弥が主演し現代の窮屈な世界に独自の手段で“革命”を起こそうとする若者たちの姿が描かれる。

本作は5月25日に日本をはじめ米ニューヨーク、英ロンドンなどで公開が封切られる。

『若武者』ポスター
2024年5月25日に公開される『若武者』

20年ほど前から構想を抱いていたという二ノ宮監督は、「独創的な作品を目指し、素晴らしいスタッフ、キャストとともにほかにはない映画ができた。」

「見ていただいた方に、少しでも影響を与える作品にしたい」と自信を述べた。

関氏も、「脚本から伝わってくるパワーが凄くて、完成した映画はさらに超えたものになっている」と太鼓判を押した。

ロンドンでは既に4館以上から引き合いがきているという。

新たなビジネスモデルとなるNCFが、日本映画界にいかなるカウンターを仕掛けるか注目される。

取材/記事:The Hollywood Reporter 特派員 鈴木元

【関連記事】

杉咲花『52ヘルツのクジラたち』で虐待の過去持つ女性を熱演「一瞬でも光を感じて」

役所広司、アカデミー賞授賞式に出席『PERFECT DAYS』で「1等賞獲りたい」

Similar Posts