コッポラの新作映画『メガロポリス』ティザー予告が解禁、構想40年の超大作

『メガロポリス』写真: AMERICAN ZOETROPE/MIHAI MALAIMARE
『メガロポリス』より 写真: AMERICAN ZOETROPE/MIHAI MALAIMARE

フランシス・フォード・コッポラ監督の最新作『メガロポリス(原題)』のティザー予告が初公開された。

構想40年の本作は、コッポラが私財を投じて制作した超大作。舞台は想像上の現代のアメリカで、予告にはユートピア的な世界を映し出したダイナミックなショットや、大勢のキャストたちの姿が壮大なスケールで収められている。

アダム・ドライバーを主演に迎え、そのほかナタリー・エマニュエルオーブリー・プラザシャイア・ラブーフジョン・ヴォイトジェイソン・シュワルツマンローレンス・フィッシュバーングレース・ヴァンダーウォール、そしてダスティン・ホフマンらがキャストに名を連ねている。

一方で、巨額の製作費がかけられた本作は現在、配給先探しに奔走中。とある業界関係者は、コッポラ監督を「応援している」としながら、「ビジネスの側面も無視できない」と明かしている。

映画『メガロポリス』は今月17日(現地時間)、カンヌ国際映画祭でプレミア上映予定。

※本記事は英語の記事から抄訳・要約しました。翻訳/和田 萌

【関連記事】

Similar Posts