コリン・バージェス、ライアン・マーティン・ブラウンのZ世代コメディに出演

Colin Burgess in Ryan Martin Brown's Gen Z Comedy

コリン・バージェスが、脚本家ライアン・マーティン・ブラウンの長編初監督作品に出演する。

ライター兼監督のライアン・マーティン・ブラウンによる長編デビュー作品「フリー・タイム」は、わずか10日間の短期間で、無名に近い俳優陣で撮影されたこの低予算コメディ作品であり、ほとんど注目を浴びることなく、中級レベルの映画祭でプレミア上映され、一部の都市で限定公開されただけであった。

しかし、この作品には現代的なZ世代の無力感を巧みに描写している。パンデミック後の大量退職に乗じて20代の事務職員が仕事を辞めるも、失業後に何をしていいのか分からず途方に暮れるという物語である。

10年以上前であれば、このようなフリー・タイムのような作品はぞろぞろ見られた。しかしブルームバーグ市長時代に家賃が高騰し、志す若手アーティストたちが町を離れざるを得なくなった。

大学を出た特定の白人世代が、前の世代のように金銭的な目標を追求することを拒否しつつも、別の目標もよく分からず、しかしますます高くなる生活水準を維持しようとがんばっている姿を、「フリー・タイム」は皮肉な視点で描いている。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

Similar Posts