ブレイク・ライヴリーは『It Ends With Us』の撮影現場で期待を上回った、と作者のコリーン・フーヴァー が語る:「私は畏敬の念を抱いています」

Colleen Hoover on Blake Lively as Lily Bloom in 'It Ends With Us'
ブレイク・ライヴリー  写真 CINDY ORD/GETTY

ライヴリー は、この映画の監督も務める ジャスティン・バルドーニと共演している。

ベストセラー小説『It Ends With Us』の著者である コリーン・フーヴァー は、映画化におけるブレイク・ライヴリーの演技を特に高く評価した。

フーヴァーは People 誌とのインタビューで、映画のエグゼクティブ・プロデューサーとしての経験について語り、自分にとって「絶対に信じられないほど素晴らしい体験」だったと述べた。映画に携わったすべての人が、原作に忠実で心のこもった映画にするために尽力したと語る。

著者は、ライヴリーが主役で「魅惑的で壮観かつ感動的な」演技を見せたと指摘した。「彼女の驚異的な才能を表現する言葉は十分ではありません」と付け加えもした。「ブレイク・ライヴリーは、私の期待をはるかに超える方法で Lily Bloom を本当に生き生きと演じました」

フーヴァーは続けて、「Lily のキャラクターを書いたとき、私はかなりはっきりとしたイメージを持っていると思っていましたが、ブレイク の演技はキャラクターにとても深みと複雑さを加えてくれて、私が予想していなかったものでした」と語った。

『It Ends With Us』は、Lily が新しい人生を始めるために、トラウマのある子供時代を乗り越えようとする物語。ニューロサージャンの Ryle(バルドーニ)と偶然出会い、二人の間に絆が生まれる。しかし、初恋の人 Atlas(ブランドン・スクリナー)が Lily の人生に再登場したとき、彼女と Ryle の関係は試されることになる。

インタビューの他の部分で、フーヴァー は『ゴシップガール』のスターの「最も印象的な」部分は「キャラクターの内面の葛藤と外面の挑戦を、とてもニュアンスを含みつつ、微妙に表現する能力」だと説明し、「私は本当に畏敬の念を抱いています。彼女の信じられないほどの演技に、これ以上感謝することはできません」と付け加えた。

バルドーニも共演者で主演女優を称賛する時間を取り、人々は「彼女の演技に度肝を抜かれるだろう」と指摘した。

「とてもニュアンスがあり、ユニークで、美しいのです」と『ジェーン・ザ・ヴァージン』のスターは語った。「詳しくは明かしたくありませんが、これまでに見たことのないブレイク・ライヴリーだと信じています」と付け加え、「Lively が触れて影響を与えなかった部分は、この作品にはありませんでした。…彼女が手を染め、心を込めたすべてのものが、より良いものになりました」と語った。

フーヴァー は 2016 年に『It Ends With Us』を発表したが、2021 年に『BookTok』で大ブレイクしたことで新たな命を吹き込まれた。このプラットフォームでの人気により、当時、2,000 万部以上を売り上げ、米国で最も売れている小説家となった。

【関連記事】

『シンプル・フェイバー2』制作決定!アナ・ケンドリック&ブレイク・ライヴリーが再出演へ- THR Japan (hollywoodreporter.jp)

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら

Similar Posts