映画芸術科学アカデミー、年次会員調査でミッションと授賞式への承認が記録的水準に達したと発表(独占記事)

Annual Member Survey Shows Record Levels of Approval
第96回アカデミー賞 TRAE PATTON / ©A.M.P.A.S.

会員の87%がアカデミーに対して好意的な感情を持ち、会員の84%が直近のオスカー授賞式に肯定的な評価を与えた。

映画芸術科学アカデミーは、会員から前例のない承認を得ており、87%が組織に対して好意的な感情を表明し、84%が直近のオスカー授賞式に好意的な評価を与えている。

この結果は、#OscarsSoWhiteやEnvelopegateなどの問題、世界的なパンデミックや業界の混乱の影響など、過去の論争や課題を乗り越えた後の、アカデミーにとって比較的安定した時期を反映して、調査史上最高水準の満足度を示している。

会員は特に、映画館体験を向上させるためのアカデミーの取り組みを支持しており、89%がその重要性を強調しています。さらに、アカデミーの会員限定ストリーミングサービスであるAcademy Screening Roomの利用率は高く、94%の会員がオスカーノミネート作品を視聴するために利用している。

また、アカデミーの多様性とインクルージョンへの取り組みに対する強い支持があり、86%の会員が作品賞のオスカー候補資格基準の適用に示されるように、これらの分野におけるリーダーシップを評価している。

圧倒的に肯定的なフィードバックにもかかわらず、会員はいくつかの改善点を表明しており、オスカーやアカデミー・ガバナーズ賞のチケットへのアクセス改善を求めています。ただし、会場の収容人数やノミネートや受賞者からの高い需要により、この要求に応えるのは難しい可能性がある。

また、会員は通年でAcademy Screening Roomサービスで映画を視聴できることを望んでいるが、これはプラットフォームでの映画の公開に関する配給会社の判断に左右される。全体的に、調査結果はアカデミーにとって心強い承認を提供し、業界の課題に取り組む努力の中で、会員から強い支持を得ていることを示している。

【関連記事】

「同時スト」で窮地に立った映画芸術科学アカデミー: 今年のオスカーへの影響は?- THR Japan (hollywoodreporter.jp)

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら

Similar Posts