興行成績:ライアン・ゴズリング主演『フォールガイ』が木曜プレビューで315万ドルを記録

Ryan Gosling Movie Earns $3M on Thursday

ハリウッドのスタントマンを描いたデヴィッド・リーチ監督の映画は、報じられた予算は1億3000万ドルとなっている。

ライアン・ゴズリング主演のオリジナルアクションコメディ『フォールガイ』が、全米ボックスオフィスの木曜プレビューで315万ドルを記録した。

デヴィッド・リーチ監督の映画で、ゴズリングはスタントマンのコルト・シーバーズを演じ、撮影中の事故の後、仕事と恋人のジョディ・モレノ(エミリー・ブラント)を置いて去る。コルトがダブルを務めた俳優(アーロン・テイラー・ジョンソン)が行方不明になると、彼はスターを見つけ出し、元恋人の監督デビュー作でもある映画を救うよう求められる。

『バレット・トレイン』や『アトミック・ブロンド』も手がけたリーチとケリー・マコーミックの87ノース・バナーによるこの映画は、数多くのスタントシーケンスが盛り込まれ、スタントコミュニティの仕事を前面に押し出している。

パラマウントのサンドラ・ブロック主演作『ロスト・シティ』は、ロマンス、コメディ、アクションを組み合わせた作品で、2022年にプレビューで250万ドルを稼ぎ、北米で1億500万ドルの興行収入を上げた。

一方、ソニーのホラー映画『タロット』は初週末プレビューで71万5000ドルを稼ぎ、500万ドルから600万ドルの興行収入が見込まれている。スクリーン・ジェムズ作品の『タロット』は、スペンサー・コーエンとアンナ・ハルバーグが監督し、呪われたタロットカードのデッキに閉じ込められた悪の存在を解き放つ友人たちの物語を描いている。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

Similar Posts