タ二ヤ・マイスナー、ベルリン国際映画祭のヨーロッパ映画市場の責任者に就任

Tanja Meissner New Head of Berlin's European Film Market
タ二ヤ・マイスナー

タ二ヤ・マイスナーが、新設のベルリン国際映画祭プロフェッショナル部門ディレクター職に就任し、ヨーロッパ映画市場(EFM)の運営などを担当する。

ベテランのヨーロッパ映画エグゼクティブであるタ二ヤ・マイスナーが、ベルリン国際映画祭のヨーロッパ映画市場(EFM)の監督を含む、新設のプロフェッショナル部門ディレクターに任命された。

映画祭の新ディレクター、トリシア・タトルによって発表されたこの新しいポジションは、映画祭のリーダーシップ構造における戦略的な変更を示している。

タ二ヤ・マイスナーの主な仕事

マイスナーはEFMの管理だけでなく、ベルリン国際映画祭プロフェッショナル・コンソーシアムの開発においても重要な役割を果たしている。

そして、ベルリン映画共同製作市場、ベルリン国際映画祭タレント、ワールド・シネマ基金など他の構成要素の責任者と緊密に連携することになる。

トリシア・タトル、タ二ヤ・マイスナーを称賛

豊富な経験を持つマイスナーは、セールス、買付、人材育成の専門知識により、国際映画界で高く評価されている。

タトルは、マイスナーの優れた資質を強調し、その誠実さ、ビジネスの手腕、新進人材の育成への献身を称賛した。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら

Similar Posts