ハリウッドのフランチャイズ界のパワーカップル

Kingdom of the Planet of the Apes Producers Dreaming of 5 More Sequels
リック・ジャッファとアアマンダ・シルヴァー

猿の惑星』『アバター』『ジュラシック・ワールド』で知られる脚本家・プロデューサーのリック・ジャッファとアマンダ・シルヴァーが、解雇、再雇用、そして『猿の惑星」を5作品も作るインスピレーションについて語った。

『猿の惑星』『アバター』『ジュラシック・ワールド』などのブロックバスター作品で知られるハリウッドの動的デュオ、リック・ジャッファとアマンダ・シルバーは、個人的にもプロとしても独特の絆を共有している。彼らの旅は『キャンディマン』から始まり、2011年の『猿の惑星』シリーズの成功した再始動で急上昇した。幻想的な世界で魅力的なキャラクターを生み出す彼らの能力は、スティーブン・スピルバーグやジェームズ・キャメロンといった業界の巨人から、その物語を語る力と協調性が称賛されている。

全世界で60億ドル以上の興行収入を上げたジャッファとシルヴァーの最新作『猿の惑星/キングダム』は、彼らの功績を継承している。『猿の惑星』でプロデューサーになることを主張し、自分たちの役割を守るなどの困難に直面しながらも、このデュオは強靭さを保っている。キャメロンから膨大なフィードバックを受けたことから、ハリウッドの複雑さを乗り越えることまで、業界での忍耐力と厚い皮の重要性を強調しながら、自分たちの経験を振り返っている。

完全なインタビューはTHR.comをご覧ください。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

【関連記事】

ボックス・オフィス:『猿の惑星/キングダム』が前売り上映で6,600万ドルをたたき出す- THR Japan (hollywoodreporter.jp)

Similar Posts