ボックス・オフィス:『猿の惑星/キングダム』が前売り上映で6,600万ドルをたたき出す

Kingdom of the Planet of the Apes Swings to $6.6M in Box Office Previews
映画『猿の惑星/キングダム』

ウェス・ボール監督は夏の映画シーズンの幕開けを飾ることを期待している。

猿の惑星/キングダム』は、プレビューで660万ドルという好成績を収め、夏の映画シーズンの幕開けに希望を与えている。

プレビューの数字は、予測されていた5000万ドルから5500万ドルの初週末興行収入を達成、あるいは上回る可能性を示唆している。

オーウェン・ティーグ、フレイア・アレン、ケビン・デュランド、ウィリアム・H・メイシーが主演を務める本作は、人類の没落により類人猿が支配的な種となった未来を描いている。

IMAXやプレミアム・ラージ・フォーマットのスクリーンを含む4,075の劇場で公開される本作は、『猿の惑星:聖戦記』から300年後の舞台の物語を熱く展開する。

最近のボックスオフィスの不振にもかかわらず、『猿の惑星:新世紀』は前作の成功に続き、観客のフランチャイズへの関心を再び呼び起こすことを目指している。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら

【関連記事】

Similar Posts