『ジョーズ』でサメの最初の犠牲者を演じたスーザン・バックライニーが77歳で死去

'Jaws' First Victim Was 77
スーザン・バックライニー 写真:BOBBY BANK/GETTY IMAGES

スティーブン・スピルバーグは、「想像以上の激しい揺れに耐えられる」スタントパフォーマーであり、熟練したスイマーが必要だったと語った。

スティーブン・スピルバーグ監督の『ジョーズ』で、サメの最初の犠牲者を印象的に演じたスタントパフォーマー兼女優のスーザン・バックライニーが、77歳で亡くなった。水泳とダイビングの専門家として知られるバックライニーは、不運なクリッシーを演じ、映画史に残る重要な瞬間を作り出した。

スーザン・バックライニー 『ジョーズ』より 写真:EVERETT

『ジョーズ』での彼女の演技は、身体的な力強さと忍耐力を必要とし、スピルバーグは特にシーンの過酷さに耐えられるスタントパフォーマーを求めていた。ワイヤーで吊るされながらサメの攻撃を再現するバックライニーの演技は、観客に強烈な印象を与え、海で泳ぐことに対する認識を永遠に変えた。

『ジョーズ』以外にも、バックライニーのキャリアには様々な映画やテレビ番組での役割があり、女優としてもスタントパフォーマーとしても多才な一面を見せた。特に『ジョーズ』の冒頭シーンのような象徴的な瞬間での彼女の貢献は、映画業界における彼女の永遠の遺産の一部として記憶されるだろう。

彼女は夫のハーヴェイとともに、ベンチュラのハウスボートに住んでいた。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

【関連記事】

ロン・ハワード、ジョー・ルッソ、ジョン・カーペンターらがロジャー・コーマンに敬意を表す:「映画界にとって大きな損失」- THR Japan (hollywoodreporter.jp)

Similar Posts