トライベッカ映画祭、『怪盗グルーのミニオン超変身』、ロジャー・フェデラーのドキュメンタリーなどを追加

Despicable Me 4, Hannah Einbinder Special, WNBA Doc Join Tribeca 2024
7月3日公開の『怪盗グルーのミニオン超変身』

2024年のトライベッカ映画祭では、8本のワールドプレミア作品を含む、いくつかの注目作品でラインナップを拡大した。

注目のドキュメンタリー作品

ハイライトには、アシフ・カパディアとジョー・サビア監督によるフェデラーの“現役最後の12日間”に迫ったドキュメンタリーや、ドーン・ポーター監督による『パワー・オブ・ザ・ドリーム(原題)』など、スポーツの重要人物やテーマに焦点を当てたスポーツドキュメンタリーがあり、いずれもPrime Videoでストリーミング配信される予定である。

長編物語作品も追加

アロンソ・ルイスパラシオスの『ラ・コシーナ』(ルーニー・マーラ主演の移民の物語)や、マーティン・スコセッシが制作総指揮を務めるセリーナ・ムルガのドラメディ『フレッシュリー・カット・グラス』などが追加される。

スポットライト・ナラティブ部門では、ハンナ・エインバインダーのスタンダップスペシャル『エブリシング・マスト・ゴー』や、カオスな誕生日パーティーを描いたディーナ・カシュパーのブラックコメディ『ヌークト』が上映される。

また、トライベッカでは、7月3日の劇場公開に先駆けて、父の日に『怪盗グルーのミニオン超変身』のメンバー限定上映会を開催する。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら

【関連記事】

Similar Posts