ボブ・アイガー、ディズニーのストリーミング事業立ち上げを振り返る:「投資しすぎた」

Disney Almost Turns Streaming Profit, Charter Deal Kicks In
ディズニーのCEOボブ・アイガー 写真:AMY SUSSMAN/WIREIMAGE

スタジオのトップは、視聴者のエンゲージメントを高め、従来のテレビとデジタル資産をシームレスに管理するための ターンアラウンド戦略について語った。

ディズニーのCEOであるボブ・アイガーは、Disney+などのストリーミングプラットフォームの積極的な立ち上げの際に、コンテンツに過剰投資したことを認めた。その結果、40億ドルの損失が発生した。アイガーは、後任のボブ・チャペックが導入した体制を批判し、最も多くの資本を投資する者から説明責任が取り除かれていたと指摘した。2022年にCEOに復帰したアイガーは、クリエイティブな意思決定と収益性の関連性を再構築し、コンテンツの量と質のバランスを取ることを目指している。

アイガーは、質の高いコンテンツでユーザーを魅了することの重要性を強調し、その点でのNetflixの成功を認めた。エンゲージメントを高めるために、ディズニーはDisney+とHuluおよびESPN+をバンドルし、より高いレベルのエンゲージメントで統合されたストリーミングサービスを提供している。さらに、アイガーは従来のテレビ資産に対する見解を改め、ストリーミングプラットフォームと並んで消費者を引き付けるために不可欠なものとして捉えている。ディズニーは、従来のテレビネットワークとストリーミングサービス全体でコンテンツ支出と管理を調整し、全体的な成長と成功を推進している。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

【関連記事】

Similar Posts