『スター・ウォーズ: アコライト』監督、映画『羅生門』に影響を受けたと明かす

『アコライト』、レスリー・ヘッドランド
『アコライト』、レスリー・ヘッドランド 写真: LUCASFILM LTD.; KATE GREEN/GETTY IMAGES

スター・ウォーズ』シリーズの新作ドラマ『アコライト』(6月5日よりDisney+で日米同時配信)の予告編が公開された。

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の100年前を描く『アコライト』について、クリエイターのレスリー・ヘッドランドは以前、「『アナと雪の女王』と『キル・ビル』を掛け合わせたような作品」と明かしていた。

予告編は、イ・ジョンジェ演じるジェダイ・マスターが、パダワンたちにフォースを教えている姿から始まる。

さらに、ジェダイを襲う謎の女性(アマンドラ・ステンバーグ)も登場し、従来のシリーズとは一線を画すミステリー&スリラー作品になっているという。

初回2話の監督を務めたヘッドランドは、米『ハリウッド・リポーター』に対し、「連続したストーリーなので、エピソードを追うごとに情報が明かされていきます」と語った。

「侍映画や、1つの出来事が異なる視点から描かれる『羅生門』のような作品にも影響を受けています。『アコライト』がシリーズの他の作品と異なる点は、こういった独特な手法で物語が語られるところです」

【関連記事】

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。編集/和田 萌

Similar Posts