『ジョン・ウィック』ケインのスピンオフ映画が進行中、ドニー・イェン主演

ドニー・イェン 写真: MONICA SCHIPPER/GETTY IMAGES
ドニー・イェン 写真: MONICA SCHIPPER/GETTY IMAGES

米ライオンズゲートが、映画『ジョン・ウィック』シリーズ第4弾『ジョン・ウィック:コンセクエンス』に登場したケイン(ドニー・イェン)が主人公のスピンオフ作品を制作する。

イェンはケインを再演し、2025年より香港で撮影を開始予定。4作目で、主席連合の支配から自由になったケインの“その後”が描かれるという。

また、これまでのシリーズを手がけたチャド・スタエルスキ、ベイジル・イヴァニクらがスピンオフ映画のプロデューサーに就任。脚本は、ロバート・アスキンズが務める。

スピンオフ制作決定を受け、ライオンズゲート映画グループ会長・アダム・フォーゲルソンは声明で、「イェン氏は『コンセクエンス』に登場した瞬間から観客を魅了し、本物の感情的な繋がりを生み出しました。そして、消えることのない印象を残し、ファンはさらなる作品を求めたのです」と述べた。

※本記事は英語の記事から抄訳・編集しました。翻訳/和田 萌

【関連記事】

Similar Posts