業績不振のパラマウント、スカイダンスによる買収の可能性浮上

Paramount Global, National Amusements, Skydance Media in Sale Talks
シャリ・レッドストーン

パラマウント・グローバルの株価が急上昇しており、スカイダンス・メディアとの売却交渉が熱を帯びている。

パラマウント・グローバルの株価が15%上昇し、スカイダンス・メディアとの売却交渉が進展したとの報道を受けた。パラマウントの親会社ナショナル・アミューズメンツ(レッドストーン家が支配)がスカイダンスと独占交渉期間に入り、2段階でパラマウント売却を目指す。パラマウントとスカイダンスはこの報道についてコメントを控えた。

スカイダンスはまずナショナル・アミューズメンツを買収し、その後上場のパラマウント全体を取得する意向。

ブルームバーグ通信はその直後、両社の間で「暫定的」な買収合意があったと報じた。

スカイダンスとパラマウントは、ミッション:インポッシブルトップガンなどの大ヒット映画フランチャイズで長年協力してきた。

一方、私募ファンドのアポロ・グローバル・マネジメントは最近、110億ドルでパラマウントの映画部門パラマウント・ピクチャーズを買収する提案を行い、その後ジャーナル紙は同社が260億ドルで全体買収を打診したと報じた。

2010年に設立されたスカイダンスは、レッドストーン家が支配する非上場のナショナル・アミューズメンツ(NAI)を買収する意向を示している。合併後の同社がパラマウントの買収を目指す。

レッドストーンは、パラマウント・グローバルを1つに纏めて最高値で売却したいと考えている。NAIはパラマウントの株式をわずか10%程度しか保有していないが、約80%の議決権を持つ。

現在の形態のパラマウントは2019年後半のバイアコムとCBS復合後、出版社サイモン&シュースターや印媒体ビアコム18の持ち分売却などを経て生まれた。

格付け会社のS&Pグローバルは最近、ストリーミング事業の不確実性を理由にパラマウントの債券格付けをジャンク扱いに引き下げた。「パラマウントは今後2年間でストリーミング赤字を大幅に改善する計画を実行する必要がある」と述べた。

パラマウントの株価は有線放送の解約増加などの業界全体の課題に直面している。今年に入って時価総額は約2割減少した。

NAIも債務問題に直面しており、2023年にBDT&MSDパートナーズから1億2500万ドルの戦略的投資を受け入れ、債務返済と借り入れ返済に充てた。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

Similar Posts