ケネス・ブラナー、ユマ・サーマン、チャールズ・ディケンズがテーマの『キング・オブ・キングス』で声優に(独占)

Kenneth Branagh, Uma Thurman to Voice Star in 'King of Kings'

二人は、著名な作家とその妻であるキャサリン・ディケンズを演じ、ローマン・グリフィン・デイビスは彼らの末っ子ウォルターの声を担当する。

ケネス・ブラナーは、イギリスの作家ウィリアム・シェイクスピアとアガサ・クリスティの作品を生き生きと描くことに長年のキャリアの大半を捧げてきた。今、彼は別の有名な作家を演じる機会を得る。ブラナーは、チャールズ・ディケンズとイエス・キリストの両方の生涯にインスパイアされた信仰に基づく映画『キング・オブ・キングス』で、チャールズ・ディケンズの声を演じる。

ユマ・サーマンは作家の妻キャサリン・ディケンズの声を、『ジョジョ・ラビット』のローマン・グリフィン・デイビスは夫婦の末っ子ウォルターの声を演じる。

『キング・オブ・キングス』は、ディケンズの死後何十年も経って1934年に出版された短編小説「我らが主の生涯」にインスパイアされている。ディケンズとウォルター、そして彼らの猫ウィラが、イエスの物語に没頭していく様子を描いている。

「ディケンズ一家を通して、観客はイエス・キリストの生涯を体験するのです。ケネス・ブラナー、ユマ・サーマン、ローマン・グリフィン・デイビスは、これらの重要なキャラクターに感情、畏敬の念、心、重みをもたらします」と、プロデューサーのアンファニー・キムは声明の中で述べている。「この3人の俳優が物語の中心にいて、本当に印象的なキャストを支えています。近い将来、多くの俳優を皆さんと共有できることを楽しみにしています」。

韓国のアニメーション制作会社モファック・アニメーションが手がけるこのプロジェクトは、『スパルタカス』の監督ソンホ「ジェイ」ジャンによるもの。ジャンは、ディズニーの『プリンセスと魔法のキス』で知られるロブ・エドワーズと共同で脚本を執筆した。ジェイミー・トマソンとアンドリュー・マンがプロジェクトのエグゼクティブ・プロデューサーを務め、現在制作中で、配給先を探している。

ブラナーは、1989年のシェイクスピア戯曲の映画化『ヘンリー5世』で、俳優兼監督として頭角を現し、演技と監督でオスカーにノミネートされた。8回のノミネートを経て、『ベルファスト』(2022年)で初めてオスカーを受賞した。監督としては、最近ではクリスティ原作の『ヴェネツィアでの恐怖』が公開された。

サーマンは『パルプ・フィクション』(1994年)でオスカーにノミネートされ、クエンティン・タランティーノ監督と再びタッグを組んだ『キル・ビル』(2003年と2004年に2作公開)で高い評価を得た。来月のカンヌでポール・シュレイダーの『オー、カナダ』が初公開され、Netflixの『ジ・オールド・ガード2』でも役を演じている。

デイビスは11歳の時に『ジョジョ・ラビット』でデビューし、その役でゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、クリティクス・チョイス賞を受賞した。今後の出演作には、ビル・ナイ主演の『500マイル』やニック・フロストの『152日』などがある。

ブラナーはWMEとGochman Law Groupが、サーマンはCAAとUntitled Entertainmentが、デイビスはIndependent Talent GroupとUntitled Entertainmentが代理人を務めている。

※本記事は英語の記事から抄訳・要約しました。

【関連記事】

Similar Posts