アンドリュー・ガーフィールドとクレア・フォイがエニド・ブライトンの『The Magic Faraway Tree』の映画化で主演

Andrew Garfield, Claire Foy to Star in 'The Magic Faraway Tree' Film

『ウォンカ』と『パディントン2』のスター、サイモン・ファーナビーが脚本を担当。

アンドリュー・ガーフィールドクレア・フォイが、エニド・ブライトンの子供向けクラシック『The Magic Faraway Tree』の映画化で主演する。

この作品は、作者の子供向け小説シリーズ『The Faraway Tree』に基づいており、ポリーとティム、そして彼らの子供たちであるベス、ジョー、フランが、イギリスの辺鄙な田舎に引っ越しを余儀なくされる現代の家族の物語を描いている。

2度のアカデミー賞にノミネートされたアンドリュー・ガーフィールド(『tick, tick… BOOM!』『ハクソー・リッジ』)がティムを演じ、2度のエミー賞受賞者のクレア・フォイ(『All of Us Strangers』『ザ・クラウン』)がポリーを演じる。

ニール・ストリート・プロダクションズ、エリジアン・フィルム・グループ、アシュランド・ヒル・メディア・ファイナンスが制作し、2024年6月に主要撮影を開始する予定で、追加キャストの選考が進められている。

『ウォンカ』と『パディントン2』で活躍したイギリスのスター、脚本家のサイモン・ファーナビーは次のように述べている。「アンドリュー・ガーフィールドとクレア・フォイのような質の高い2人の俳優を起用できるのは、脚本家にとって夢のようなことです」

「私は長年、彼らの温かみ、機知、軽やかな演技に感銘を受けてきました。さらに、彼らは自分のキャラクターの複雑さを表現する力を持っていますが、それは私には書けないものです…つまり、エニド・ブライトンですら、スパイダーマンと女王を起用したことに感心するかもしれません…」

監督のベン・グレゴール(『ブリタニア』『カッコー』『ブラック・オプス』『ファーザーフッド』)は次のように付け加えた。「アンドリューとクレアは素晴らしい俳優で、この映画に彼らを起用できたことを光栄に思います。彼らは私たちの大きな心を持つ世界の礎であり、私たちの素晴らしい脚本に命を吹き込むのにぴったりの人物です」

パリセーズ・パーク・ピクチャーズが世界販売を担当し、CAA Media Financeが米国での権利を共同代理する。今月のカンヌ映画祭で発表される予定だ。

プロデューサーは、アカデミー賞にノミネートされたピッパ・ハリス(『Empire of Light』『1917』『Call the Midwife』)とニコラス・ブラウン(『Britannia』『Informer』『Penny Dreadful』)、エリジアン・フィルム・グループのダニー・パーキンス(『Greatest Days』)、ジェーン・フックス(『Golda』『Living』)。

エグゼクティブ・プロデューサーには、アシュランド・ヒル・メディア・ファイナンスのサイモン・ウィリアムズ、ジョー・シンプソン、ジョナサン・ブロス、パリセーズ・パーク・ピクチャーズのタマラ・バーキモーが名を連ねる。

この映画は数年前から企画されており、パーキンスがスタジオカナル・UKを運営していた時に、ハリスとブラウンがこの映画に取り組んでいた。

※本記事は英語の記事から抄訳・要約しました。

【関連記事】

Similar Posts