カンヌ国際映画祭のティエリー・フレモー芸術監督、「論争のない祭典にしたい」

Cannes Film Festival Boss on #MeToo, Strike, Politics
カンヌ国際映画祭のティエリー・フレモー芸術監督

「論争のない祭典にしたい」と、ティエリー・フレモー芸術監督が恒例の祭典前記者会見で述べた。

カンヌ国際映画祭のティエリー・フレモー芸術監督は、恒例の祭典前記者会見で、ガザ紛争や#MeTooの政治、第77回祭典で起こりうる雇用ストライキなどの論争的なトピックについて議論することを避けた。

これらの問題について質問された際、フレモー監督は論争から話題をそらし、代わりに映画の技術的な側面に焦点を当て、論争のない祭典を望んでいると表明した。

フレモー監督はまた、より良い失業保護を求めてストライキを示唆しているカンヌのフリーランス労働者の懸念にも言及を避けた。

これらの労働者は、短期契約のために雇用が不安定で、プロジェクトの合間に失業手当がないことが多い。フレモー監督は交渉中であることに触れたが、具体的な内容は提供しなかった。

彼は、一部のジャーナリストの質問の政治的な性質に繰り返し不満を表明し、祭典は外部の政治ではなく映画に焦点を当てるべきだと主張した。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら

【関連記事】

Similar Posts