ソニー・ピクチャーズの通期利益が8億800万ドルに減少

Sony's Film and TV Unit Sees Full Year 2023 Profit Slip to $808M
左からイザベラ・マーセド、ダコタ・ジョンソン、シドニー・スウィーニー、セレステ・オコナー

日本の大手企業の映画部門は、『マダム・ウェブ』をはじめとした興行的失敗により打撃を受けた。

ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)の2023年通期の営業利益は、8億9400万ドルから8億800万ドルに減少し、売上高は101億4100万ドルから103億1500万ドルへとわずかに増加した。

SPEは、映画、テレビ制作、メディアネットワークで構成されており、2023年通期のこれら3つのセグメントの業績は、ハリウッドでの二重ストライキの影響を受けた。

ソニーの第4四半期では、映画部門の収益は2億800万ドルで、第3四半期の2億8100万ドルの営業利益から減少した。直近の四半期では、映画部門はシドニー・スウィーニーとグレン・パウエル主演のロマンティック・コメディ
『恋するプリテンダー』をリリースし、興行的にも、ソーシャルメディア上でも大成功を収めた。しかし、この四半期では、ソニー/マーベルの『マダム・ウェブ』も公開されたが、批評家から酷評された。この映画のRotten Tomatoesの批評家スコアは惨憺たる11%で、2022年公開の同じく酷評された『モービウス』に続き、スパイダーマン・ユニバースを拡大しようとするスタジオの試みにとって、またもや興行的失敗となった。

製作費が1億ドル弱の『マダム・ウェブ』は、6日間のオープニング興行収入が2580万ドルと低調で、世界興行収入の合計は1億ドルだった。第4四半期に公開されたソニー映画には、『ブック・オブ・クラレンス 嘘つき救世主のキセキ』(興行収入600万ドル)とフランチャイズ映画『ゴーストバスターズ/フローズン・サマー』(第4四半期内の日数で1億900万ドル)が含まれていた。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら。

【関連記事】

マーベル新作『マダム・ウェブ』、批評家から酷評の嵐「滑稽なほど酷い」- THR Japan (hollywoodreporter.jp)

Similar Posts