グロリア・ストルーク、「マクミラン夫人」と「ディックとジェーンの楽しい生活」の女優、99歳で死去

McMillan & Wife, Fun With Dick and Jane Actress

偉大なショービズ一家の一員であった彼女は、エミー賞受賞の作家・プロデューサーであった夫のレナード・B・スターンと、女優の妹ジェラルディン・ブルックスに先立たれた。

グロリア・ストルーク、「マクミラン夫人」でロック・ハドソンの秘書役で最もよく知られ、「ディックとジェーンの楽しい生活」、「コンペティション」、「バッタ軍団の日」などの映画に出演していたが、99歳で亡くなった。娘のケイト・スターンによると、ストルークは5月5日にアリゾナ州ツーソンで自然死したという。ストルークはテレビと映画で注目すべきキャリアを持ち、いくつかの話題作に出演し、1956年から2011年に死去するまでエミー賞受賞の作家・プロデューサー、レナード・B・スターンと結婚していた。彼女はまた、特にビバリーヒルズのシアター40で成功した舞台キャリアを持ち、93歳の時に「Cast of Characters」と題した回顧録を出版した。

1924年7月10日にマンハッタンで生まれたストルークは、演劇界に深く関わる家族の中で育った。1945年にブロードウェイでデビューし、様々なTVアンソロジー番組や雑誌に出演した。後にスターンと結婚した後ロサンゼルスに移り、注目すべきTVや映画の役柄で女優キャリアを続けた。ストルークは、ダークチョコレートへの愛と歌詞への驚くべき記憶力を持つ上品で優雅な女性として家族に記憶されている。彼女の生存者は、エミー賞にノミネートされた映画編集者の息子マイケル・スターン、娘、娘婿、孫、そしてひ孫たちである。トニー賞にノミネートされワーナー・ブラザースの契約女優だった妹のジェラルディン・ブルックスは、1977年に彼女に先立たれた。

※本記事は英語の記事から抄訳・要約しました。

【関連記事】

Similar Posts