堺雅人『FLY!/フライ!』での声優は「カモだから」と快諾、だがカモ料理断ちは断念

『FLY!/フライ!』

米イルミネーションの最新アニメーション映画『FLY!/フライ!』の日本語吹き替え版キャストの会見が5日、都内のホテルで行われ、俳優の堺雅人、麻生久美子らが出席した。

一度も池から飛び立ったことのない心配性のカモのマックが、妻のパムや子供たちに背中を押され、家族で“人生”で初めて米国から南米を目指す冒険に出るファンタジー。

イルミネーションとしては、『SING/シング』以来7年ぶりのオリジナル作品となる。

これまでも声優の経験がある堺は、今回のオファーを受けた理由は「カモだから」と即答。「カモを演じる経験はなかなかないし、やってみたかった。カモがなぜ渡るのかは定説がなく謎だらけ。調べても分からなかったけれど、とても楽しかった」と声を弾ませた。

そのため、アフレコ期間中はカモ料理を口にしないと決意。だが、「なるべく食べないようにと意識すればするほど、目に入ってしまう。けっこう長くやっていたけれど、収録中4回くらい食べてしまいました。すいませんでした」と、あっさり断念したことを謝罪した。

パム役の麻生は、「家族が皆大好きなイルミネーション作品に出られるなんて夢みたい」と目を輝かせた。

その上で、「多くの方に楽しんでいただき、旅を通して子供の成長や家族の絆、一歩を踏み出す勇気などを感じてほしい」とPR。これには、堺が「さすが、よくできた奥さん」と称えた板。

また、トラブルメイカーのダンおじさんを、シルベスター・スタローンらの吹き替えで知られる90歳のレジェンド、羽佐間道夫が担当。「呼吸を合わせていくと、割とその雰囲気になっていく。専門的になると、脈拍を合わせること。『ロッキー』のボクシングシーンでも自然に合っていって波に乗れた」と声優としての極意を披歴。

堺は、「まだまだ旅をしたいので2、3、4とどんどんいきましょう」とシリーズ化を想定して勧誘するほどほれ込んでいた。

この日はほかに、お笑いタレントのヒコロヒー、子役の池村碧彩、声優の関智一が出席。『FLY!/フライ!』は、3月15日から全国で公開される。

取材/記事:The Hollywood Reporter 特派員 鈴木元

Similar Posts