イルミネーションのシンデレラから聖女ジャンヌ・ダルクまで:ゼンデイヤのこれまでのメット・ガラのルックを見る

See All of the Fashion Star's Past Looks

「チャレンジャーズ」の主演女優は、ジェニファー・ロペス、バッド・バニー、クリス・ヘムズワースとともに共同議長を務め、月曜日のファッション界最大のイベントに向かう。

「メットでは、何年も離れていたので、今回は前回ほどストレスを感じないかもしれません」と、ゼンデイヤは最近、月曜日に大いに期待されている彼女のメット・ガラ復帰を前に、USA Todayに語った。

現在、ルカ・グァダニーノ監督の「チャレンジャーズ」で画面に登場しているファッションスターは、ジェニファー・ロペス、バッド・バニー、クリス・ヘムズワースとともに共同議長を務め、ファッション界最大の夜の公式な務めを負っている。彼女は、2019年5月以来、メトロポリタン美術館の外のカーペットを歩いていない。当時、彼女は長年のスタイリストであるロー・ローチとともに到着し、トミー・ヒルフィガーのパフスリーブのイルミネーション付きシンデレラドレスを着て、「Camp: Notes on Fashion」のテーマを祝った。

しかし、特にローチが最近『ニューヨーク・タイムズ』で語ったコメントを踏まえ、ゼンデイヤがA級の催しに復帰する際に何を着るのかを予想して、彼女のファンはストレスを感じているかもしれない。「私はゼンデイヤのドレスを見ていません」とローチは紙面で語った。「私たちは2つのプレスツアー(『Dune 2』と『Challengers』)と2つの『Vogue』の表紙撮影をしていました。ドレスはまだ出来ていません。土曜日まで仮縫いをしません。」その最初の仮縫いの前に、ゼンデイヤがこれまでのメット・ガラの登場で着用したものを振り返ってみましょう。

Camp: Notes on Fashion

2019年のイベントでは、元ディズニースターは、トミー・ヒルフィガーがカスタムメイドしたイルミネーション付きのシンデレラドレスを着て、完全におとぎ話のキャンプスタイルを披露した。かぼちゃの馬車のクラッチや、杖を振ってライトテクノロジーを作動させる妖精の代母であるローチなどの小物が、このルックを完成させるのに役立った。

ロー・ローチ(左)とゼンデイヤ(2019年)
ロー・ローチ(左)とゼンデイヤ(2019年)。
Dimitrios Kambouris/Getty Images

Heavenly Bodies: Fashion and the Catholic Imagination

ローチは、ゼンデイヤを聖女ジャンヌ・ダルクのようにスタイリングするアイデアが夢の中で浮かんだと言っており、その後すぐにヴェルサーチの人々に電話をかけ、それを実現できるかどうか尋ねたそうだ。ネタバレ:彼らはそれを実現し、カスタムメイドの鎧のガウンに、まっすぐな前髪の赤いボブヘアを合わせた。

ゼンデイヤ
ゼンデイヤ(2018年)。
Neilson Barnard/Getty Images

Rei Kawakubo/Comme des Garçons: Art of the In-Between

ゼンデイヤは、デザイナーの2015年のクチュールコレクションからドルチェ&ガッバーナのボールガウンを着用した。そのプリントには、花柄のデザインと熱帯のオウムが描かれていた。

ゼンデイヤ
ゼンデイヤ(2017年)。
Neilson Barnard/Getty Images

Manus x Machina: Fashion in an Age of Technology

ゼンデイヤは2016年のガラにデザイナーのマイケル・コースを同伴し、彼のカスタムデザインである、金色の生地で作られた輝くフィット感のあるコラムガウンを着用した。70年代風のアンサンブルを完成させるために、ゼンデイヤはボウル型のウィッグを着用した。

ファッションデザイナーのマイケル・コースとゼンデイヤ(2016年)
ファッションデザイナーのマイケル・コースとゼンデイヤ(2016年)。
Larry Busacca/Getty Images

China: Through the Looking Glass

すべてのファッショニスタにはスタート地点がある。ゼンデイヤは18歳で初めてメット・ガラに出席し、赤いスカート、カスケード状のトレーン、ドレスとアクセサリーにサンバースト模様のアクセントを施したFausto Puglisiのクリエーションを着用した。

ゼンデイヤ(2015年)
ゼンデイヤ(2015年)。
Dimitrios Kambouris/Getty Images

※本記事は英語の記事から抄訳・要約しました。

【関連記事】

Similar Posts