IMDb創設者のコル・ニーダムから見たカンヌ

Cannes, According to IMDb Founder Col Needham

業界のベテランが、お気に入りの食事、失敗談、そして最も興味深い有名人との出会いについて語る。

オンラインエンターテインメントデータベースIMDbの創設者であるコル・ニーダムは、今年再びクロワゼットを訪れている。

カンヌ国際映画祭を前に、業界とフェスティバルのベテランであるニーダム氏は、町での最高と最悪の経験について語る時間を設けた。また、プレミアでのスタンディングオベーションの長さを報告することについての彼の考えにも触れた。

カンヌでのお気に入りの食事は?

旧市街のDa Bouttauのコート・ド・ブッフ(牛肉のリブロース)だ。このレストランは1860年に旧市街にオープンしたので、メニューを洗練させる時間は十分にあった(参考までに、1860年にリンカーンがアメリカ大統領に選出された!)。

カンヌでの最大の失敗は?

16年間参加しているのに、今でもよくある失敗は、上映前に天気をチェックするのを忘れて5月中旬の豪雨に濡れてしまうこと。傘を持っていないからだ。記憶違いかもしれないが、『グレート・ギャツビー(2013年)』の上映後、ホテルまで歩いて帰る間に濡れてしまい、乾くのに数日かかったと思う。

午前3時以降に飲みに行くのに最適な場所は?

カールトンのバー。偶然にも、2010年にフェスティバルのオープニング作品となった『ロビン・フッド』の上映日の午前3時ちょうどに、ラッセル・クロウとそこでビールを飲んだ。バーはその映画の秘密の打ち上げ会場になっていた。

最も興味深い有名人との出会いは?

ニコラス・ウィンディング・レフンには、パーティー会場の外の列で初めて会った。すぐに意気投合し、今でも友人付き合いが続いている。数年後の2019年、ニコラスは妻と私を公式のフェスティバル車に乗せ、金曜日の夜に行われた『Too Old to Die Young』のプレミア上映に招待してくれた。そして、監督の側近の一員として、パレ内の指定席に座ってレッドカーペットを歩いた。とても特別な夜だった。

プレミアでのスタンディングオベーションのタイミングと報告に対する姿勢は?

中立だ。私自身はそれほど興味がないが、多くの人が気にしていることは知っている。

※本記事は英語の記事から抄訳・要約しました。

【関連記事】

Similar Posts