カンヌ映画祭:メリル・ストリープ、最後のカンヌ訪問から35年、オープニングセレモニーで名誉パルム賞を受賞

Meryl Streep Feted with Honorary Palme

この賞は、過去に18回しか授与されたことがなく、伝説的な女優がまだ受賞していなかい数少ない賞の一つである。

第77回カンヌ国際映画祭のオープニングセレモニーで、メリル・ストリープが35年ぶりに名誉パルムドールを受賞した。これまで18回しか授与されていないこの賞は、ストリープがまだ受賞していない数少ない栄誉の一つだ。映画祭の会長ジュリエット・ビノシュが賞を授与し、ストリープは涙を流したグレタ・ガーウィグを含む2,000人以上のゲストから2分半のスタンディングオベーションを受けた。ストリープは、エージェントのケビン・ヒューベインと長年の髪と化粧のスタイリストであるJ・ロイ・ヘランドに感謝の意を表した。彼女は35年前のカンヌ映画祭での前回の訪問を振り返り、その際に『真夜中の叫び』で女優賞を受賞したのであった。

ストリープの幅広いキャリアには、『ディア・ハンター』、『クレイマー、クレイマー』、『ソフィーの選択』、『愛と哀しみの果て』、『プラダを着た悪魔』、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』などの映画で印象的な役柄が含まれている。彼女の受賞歴には、アカデミー賞3回、ゴールデングローブ賞8回、世界中の映画祭や機関からの数々の賞が含まれている。カンヌ映画祭の名誉パルムドールは、キャリアの功績を称えるものであり、カトリーヌ・ドヌーブ、クリント・イーストウッド、トム・クルーズなどの著名人に授与されてきた。今年は、ストリープに加えて、スタジオジブリとジョージ・ルーカスも名誉パルムを受賞する。ストリープは、この権威ある賞を受賞することへの興奮と光栄の念を表明し、国際映画界におけるその重要性を強調した。

※本記事は英語の記事から抄訳・要約しました。

【関連記事】

Similar Posts