フランシス・フォード・コッポラ監督のカンヌ出品作『メガロポリス』、全世界でIMAX公開へ

『メガロポリス』写真: AMERICAN ZOETROPE/MIHAI MALAIMARE
『メガロポリス』より 写真: AMERICAN ZOETROPE/MIHAI MALAIMARE

IMAXは、カンヌ映画祭で初公開されるフランシス・フォード・コッポラ監督の待望の新作『メガロポリス』を全世界で公開すると木曜日に発表した。

「この映画は、IMAXでリリースされることになります」と、IMAXのCEOであるリチャード・ゲルフォンド氏は木曜日のカンヌでのイベントで『メガロポリス』について語った。「我々が誇りとしていることの1つは、フィルムメーカーにフレンドリーであることです。そのため、フランシスに全世界でのIMAXリリースを約束しました」

月曜日、監督は『メガロポリス』の最初のティーザー予告編を公開した。

コッポラは1983年に『メガロポリス』の執筆を開始し、この映画の製作費は1億2000万ドルに上ったと報じられており、その一部は監督のワイン事業の大部分を売却することで賄われた。

※本記事は抄訳・要約です。オリジナル記事はこちら

【関連記事】

Similar Posts